宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違い

宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違い

宅配クリーニングと町のクリーニング屋さんを比較してみました。宅配クリーニングが気になっているという人は是非参考にしてください。

 

宅配型は時間をあまり気にしなくて良い

店舗型のクリーニング店の場合は当たり前ですが、店舗がオープンしている時間しか利用することができません。

 

宅配クリーニングなら配送業者が動いている時間帯ならお願いすることができます。業者にもよりますが、配送業者は朝9時前後ごろから夜9時ごろまで営業しています。

 

店舗クリーニングは朝は早めのところは多いですが、夜遅くまでやっているというところは少ないです。仕事終わりの会社員がクリーニングに出したいという時でも利用しやすいです。

 

実は料金はほとんど変わらない

宅配と聞くと料金が高くなりそうと思うかもしれませんが、実は料金は変わりません。あまり価格競争のない地方に行くと宅配の方が安くなるということすらあります。

 

基本的に送料は業者負担です。言い方を変えると料金に含まれているとも言えますが、それを考慮しても価格はほぼ変わらない水準です。

 

持ち込む、持って帰るという手間がない分宅配クリーニングの方がお得といえます。

 

1点からの受付とパック受付がある

受付は1点から受け付けているところ(リネットなど)と5点以上のパックで受け付けているところ(せんたく便リナビス)があります。

 

1点受付は商品によって料金が異なり、パック受付は何の商品でも料金は変わりません。ワイシャツなど比較的単価の低いものは1点型のリネットにお願いし、冬物やスーツなど単価の高くなるものはせんたく便などのパック型にお願いするのが良いです。

 

宅配クリーニングは自宅から出る必要がない

クリーニング前の洋服の集荷はもちろん、クリーニング後の洋服も自宅に届くので自宅から出る必要がありません。

 

洋服を複数持ってクリーニング屋に行くのは結構な労働なので、自宅に来てくれると助かります。

 

また目を離すことができないくらいの子供がいる家庭の場合だとより助かります。

 

店舗型クリーニングを利用する場合、子供を連れて、目を離さずに荷物を持ってクリーニング屋にいくということをしなければなりません。

 

これが宅配クリーニングだと業者が自宅に来てくれるので、自宅で子供の面倒を見ることに集中できます。

おすすめの宅配クリーニングサービス



>>宅配クリーニング比較トップページに戻る<<