礼服、ネクタイはクリーニング屋に

礼服、ネクタイはクリーニング屋に

冠婚葬祭の礼服、これは絶対にクリーニング屋に出すべきです。

 

理由は冠婚葬祭は失礼があってはいけない場所なので、礼服はクリーニングに出す事が大切なのです。

 

お店の特殊加工もおすすめ

少し前、主人の礼服をクリーニングに出して特殊加工して貰いました。店員さんオススメの礼服の特殊加工は、礼服にベールがかかる様な感じで新品同様に礼服がなる加工らしく、料金も高めでしたが長く使う物なので頼んだのです。礼服が仕上がってから、確認してみると礼服が新品の時よりも綺麗になっているので驚きました。

 

私が出したクリーニング屋さんの様に特殊加工の様なものがあれば、礼服は長く使う物なのでやった方が良いです。

 

例えばリネットだと撥水加工など

 

自宅まで取りに来てくれる宅配クリーニング「リネット」でもこのような加工がオプションで用意されています。

 

私はこのような加工ができるお店を探して持ち込みましたが、探す手間や持ち込む手間を考えると宅配を使った方が良かったです。

 

撥水加工は雨の水だけでなく、食べこぼしや泥はねなどから服を守ってくれます。もし汚れが付いても汚れが落ちやすい防汚効果もあります。表面張力の特性で、熱や空気は通しますが、水や油をはじくようになっています。こういった加工は長く使うものならやっておくに越したことはありません。

 

宅配クリーニングのリネット

 

普段から礼服は清潔に

また、特殊加工が無い店でも礼服はクリーニングに出していつも清潔にして下さい。

 

何故かと言うと礼服を着た時は、緊張などから汗をかくのでそのままにしていたら汗のシミの原因になります。その汗のシミをそのままにしておくと、礼服にカビが生えてしまうのです。なので、礼服はクリーニングに出す事が礼服を長く着るコツなのです。

 

よそいきのワイシャツ、ネクタイはクリーニング屋へ

また、普段主人が着ているワイシャツは自宅で洗濯する事が多いです。洗濯のやり方は、襟首などを専用の洗剤を付けてブラシで汚れを落としてから、洗濯機で洗濯して乾かした後にスプレーのりをかけてアイロンをかけるのです。

 

普段主人が着るワイシャツはこのやり方でやったワイシャツで充分なのですが、大切な用事の時はクリーニングに出したワイシャツを主人は着ます。また、ワイシャツと一緒にクリーニングにネクタイも出す事をオススメします。

 

以前、高級ブランドのネクタイを主人が汚してしまい、私は自分で汚れを落とそうといろいろやったら、ネクタイ付いたシミが広がり酷い状態になりました。

 

結局、クリーニング屋さんも持っていけない状態になり、高級ブランドネクタイを捨てる事になったのでした。その経験からネクタイに付いた汚れは、直ぐにクリーニング屋さんに出す様になりました。クリーニング屋さんに出すと必ず清潔で綺麗な状態で返って来るので、自分で洗濯できそうもない物はプロに任せましょう。

 

礼服がスーツよりクリーニング料金が高い理由

一般的に礼服はスーツと比較してクリーニング料金が高くなっています。なぜ料金差があるかというと礼服の方がクリーニングの手間がかかるからです。

 

礼服は高級服としてクリーニング屋に扱われています。なぜ高級服として扱われているかというと、普通のスーツは白生地に色を付けるだけの場合がほとんどですが、礼服は白生地→赤→黒と手間がかかっているからです。

 

なぜこのような過程を踏むかというと、赤色を挟んだ方が色が深くなるからです。

 

ビジネススーツと礼服を横において比べた場合、礼服の方が圧倒的に色味が深いです。この深い色を出す為にこのような過程を踏んでいます。

 

このようにして作られた礼服ですが、色味をきれいに出すにはアイロンがけも丁寧にする必要があります。

 

簡単な自動アイロンではテカリができることがあるので、機械で軽くプレスした後に手作業でしっかり温度調節したアイロンをするという作業が入ります。このアイロンがクリーニング料金の差を生んでいます。

 

宅配クリーニングのリネット