知らなきゃヤバイ!スーツのクリーニング頻度

スーツのクリーニング頻度

スーツ姿の男性

 

スーツのクリーニング頻度はおおよそ1カ月~2ヶ月に1回程度です。

 

何着のスーツを使いまわすか、時期によって期間は異なりますが、おおよそこれくらいが目安です。

 

5着のスーツで平日毎日スーツを着ている場合は5~10回程度着用したらクリーニングに出すというイメージです。

 

スーツは目に見えない汚れでいっぱい

スーツは濃い暗めの色が多いのであまり目立ちませんが皮脂や汗でめちゃくちゃ汚れています。見えにくいですが、シミができているということもあります。

 

これを放っておくとそこから酸化して生地が傷んだり、カビが生えます(シミは虫食いの原因にもなります)。目に見える汚れがないからといってそのままにしておかず、定期的にクリーニングに出す習慣を付けておきましょう。

 

宅配型のクリーニングだと自宅まで取りに来てくれるので手間がなく、クリーニングに出しやすいです。
宅配型クリーニング、せんたく便

 

クリーニングに出しすぎるとスーツが傷む?

これはイエスです。スーツと言わず何の服でもそうですが、クリーニングや洗濯回数が増えると生地は少しずつ傷んできます。

 

ただクリーニングに出したり、洗濯をしてきれいにしないと皮脂などで部分的に傷んでしまい、穴やほつれの原因になってしまいます。

 

プラスで清潔にしていないと周りの人からクサイと思われる可能性があります。

 

営業などの客先に行く人はもちろん、社内勤務の人でも周りの人からクサイと思われている可能性があります。

 

自分のにおいは自分では気づきにくいので、自分がにおいを感じる前にきれいにしておきたいものです。

 

まとめるとクリーニングや洗濯では全体的に生地が傷む(劣化する)が、放っておくと部分的に傷んできます。

 

ほつれはまだしも穴が空いているスーツは社会人の見栄え的にNGです。全体の傷み、劣化は「スーツは消耗品」と考えて傷んできたら買い替えるというのが良いです。

 

日々のブラッシングも怠らないこと

クリーニングとは別にスーツの表面にブラシをかけるということも普段からやっておきましょう。

 

ブラッシングで髪の毛や糸くず、汚れが落ちます。ブラシをもっていない人は1本用意しておくことをおすすめします。

 

コートなどにも使えるので便利です。

おすすめの宅配クリーニングサービス



>>宅配クリーニング比較トップページに戻る<<